本文へスキップ

廃棄されたタイヤも回収されてからもう一度活躍するのです。

中古タイヤの再利用方法などについて紹介するサイト『中古タイヤのリサイクル(再利用)』

『中古タイヤのリサイクル(再利用)』は中古タイヤの進む道について解説します。

自動車社会

  • 日本には舗装された道路が縦横無尽に敷かれており、そこを走行する自動車の数も 先進国の名に恥じない多さです。 舗装されていない砂利道を走る車も田舎の方では結構みかけますし、公道を毎週 利用している自動車は100万台とも1千万台とも言われています。 タイヤの性能に関わらず舗装された道路の方が乗り心地はいいですし安全なので、 中央に白線の引かれている平らな道路が今後も増えていくでしょう。 そしてそこをドライブするカーも増えるでしょう。

リサイクルの機会

  • 自動車のタイヤをリサイクルするのはどのような場合が想定されるでしょうか。 車に関することなので自動車の整備工場に勤務している方なら知っていそうですが、 それ以外の美容師や鑑定士、歯科医師さんでもなんとなく予想はできるでしょう。 その機会が巡ってきたときは地球の環境問題について考え、可能ならばより エコロジーな方法でリサイクルに貢献したいですね。 運転免許証を持っていない人でも身近に廃車を考えている人がいれば相談に乗る かもしれませんし、みんなで取り組みたい問題です。
中古タイヤをリサイクル
廃タイヤや工業用ゴムを破砕処理してサーマルリサイクル。
最新の設備でカットしたタイヤは製紙会社などで熱源利用されます。
メイリングループ 明倫運輸株式会社環境事業部
http://www.meirin.com/group/kankyo.html

リサイクルの種類

  • 環境保護の名のもとリサイクルされる廃タイヤですが、どのように再利用されるのか 具体的にはっきり知っている人はあまりいないでしょう。 これは自動車のタイヤに限ったことではなく、ペットボトルや空き缶もどんな過程 でリサイクルされているのかを知らない人は多すぎです。 廃タイヤでなければそのまま他の自動車に取り付けて再利用することも可能ですが、 品質的に問題があるのならタイヤではない用途に使う事になりますし、何種類かの 方法が用意されています。

活発なリサイクル

  • わが国が廃タイヤのリサイクルに取り組むようになってからそれなりの歳月が経過 していますから、受け入れ先や利用方法も年々増加しています。 どれだけ回収してもバッチリ再利用するよ、任せておいて、と言えるように受け皿 も整えておかなければ、せっかく集めた中古タイヤも野ざらしで積まれたまま 放置することになり、残念な絵になるからです。 子供が遊ぶにはよさそうですが、集めた廃タイヤが容量オーバーで空き地なんかに 転がっているとちょっとみっともないので、万全の受け入れ体制が整っているのです。